そうだ、カンボジア行こう

市場見学付き!カンボジア料理教室「Champey Cooking Class」

カンボジア旅行記振り返りです。
 icon-arrow-circle-right そうだ、カンボジア行こう。
 icon-arrow-circle-right この日の様子はこちら

旅の新たな楽しみとして定番化して参りました、お料理教室シリーズ。今回はカンボジア料理、すなわちクメール料理を習いに行きました。なるべく可能なときは現地らしいご飯を食べるようにしているんだけど、クメール料理は辛さやスパイシーさも控えめでまろやか。日本人に向いてるって言われるのはそういうところからかと思います。

パブストリートから徒歩5分の一軒家

午前のクラスを予約したので、9時半のスタート目指してまだ夜の気配が残るパブストリートを通り抜け、大きなお寺の脇を通り過ぎてクラスに向かいます。

IMG_1005
 icon-camera あれかな?

IMG_1006
 icon-camera キレイな花の咲くゲートを抜けると

IMG_1148 icon-camera あら素敵なおうち!

昔の一軒家を改造しているらしくて、お隣ではプライベートレッスン(少人数)なども行われており広々とした教室。やっぱり料理教室をやるときの雰囲気って、ご家庭のアットホームさもいいけど、なんというか現地感がある素敵なところでやるとより思い出に残るような気が。

オールドマーケットを見学に行く

歩いて数分のオールドマーケットへみんなで向かいます。午後に通りがかったときは汚くて活気のない市場だったけど、この朝には沢山の人が買い物に来ていて(汚いけど)活気のある市場に。やっぱ朝ですね。

IMG_1010
 icon-camera スパイス屋店頭で説明

IMG_1013
 icon-camera ソーセージ的なものがたくさん

IMG_1017
 icon-camera 桶の中では魚を発酵中

果物やスパイスのディスプレイが鮮やかで素敵ね。日本で見たことがある野菜も、少しづつ何か違う。大きかったり、長かったり、見ているだけでとても楽しい見学会。説明は全然聴こえないけど、まあいっか、って感じ。見るために来たんだし。あとで質問したら教えてくれます。

IMG_1025
 icon-camera 色とりどりの野菜

IMG_1031
 icon-camera 自家製のスパイスペーストを作っている

IMG_1044
 icon-camera 何か専門、の屋台が多いね

IMG_1047
 icon-camera 魚はその場でさばき倒している

IMG_1048
 icon-camera 鶏もその場でさばき倒している

IMG_1067
 icon-camera 地べたにも沢山の出店があります

全部で三品つくりました

さて、市場から戻ったら早速クッキング。
まずは前菜に生春巻きを作ります。わたしはどうもライスペーパーの扱いが下手くそで昔々に失敗してから、もう二度とやらねえと思って使ってこなかったのですが・・・なんとなくこれで克服した気がする。

IMG_1072
 icon-camera まずいっちょまえのカッコに

IMG_1079
 icon-camera くるくる水をつけるのね・・・

IMG_1092
 icon-camera 寿司を意識したデコレーション

先生に比べたらだいぶ下手くそだけど、ちゃんと巻けた・・・。ピーナツや揚げニンニクの効いたタレをかけて食べたらとっても美味しかった。もっとバジルやミントや色々な具材の入った贅沢な生春巻きでした。これをお庭でみんなで食べて、次はメインの「アモック」です。

IMG_1094
 icon-camera 食事の間にセットされている

IMG_1105
 icon-camera 最初は先生のプレゼンテーションから

IMG_1113
 icon-camera 一瞬で煮えるので必死の皆さん

IMG_1119
 icon-camera 鍋が!薄い!

IMG_1120
 icon-camera レストランみたーい

まろやかなスパイスの効いた、通称カンボジアの親子丼ことアモックのできあがり。モロモロっとした感じは一番最後に生たまごを入れてかき混ぜるから。じゅわっとしたのが食べたくて少し半熟気味にしたら、葉っぱのお皿がらガーガー漏れてきてわたしだけエライことになったのはよい思い出・・・。

IMG_1122
 icon-camera みんなでお喋りしながらお食事

最後のデザートは焼きバナナ。ただの焼きバナナか、と思いきやバターで炒めたバナナに練乳とパッションフルーツを混ぜることで何とも濃厚で甘酸っぱいお味に。物凄い美味しかったんだ、本場をなめちゃいかんかった。

IMG_1128
 icon-camera パッと見簡素なのに

IMG_1135
 icon-camera クソうまい(絶句)

お土産と修了証

最後の一品を食べている間に、お支払いを現金ですませて修了証をいただきます。クラスの始まる一番最初に名前や国籍を書かされたのはどうやらこの為だったようだ。みんなで集合写真を撮影して、わいわい楽しく解散。お土産もいただきました。

IMG_1137
 icon-camera なんか一人前の気持ち

IMG_1196
 icon-camera ちゃんとしてる!

スパイスは市場で説明していたカリーシードやアモックペーストなど。レシピブックも随分きちんとしたものがついていて、クメールならではのスパイスや野菜の説明書きなども載ってました。

Champey Cooking Class

午前クラス:9:30-13:00(うち市場見学30分)
午後クラス:15:00-18:30
2名〜30名様まで対応、お土産付き(スパイス・DVD・レシピ・修了証)
お一人様25ドル
 icon-arrow-circle-right シャンペイクッキングクラス

ワタクシ、以前からクッキング番組は英語の勉強に最適だと推奨していますが、それと同じで特に英語自体がそれほどわからなくても目の前で何をやっているのかはわかるのが料理教室の魅力。一緒にいた韓国ママは多分1ミリも理解してなかったけど見事なアモックを作っていたからね。

それと、こういうアクティビティに参加する人たちは、比較的オープンで社交的な皆さんが多いように思うので、色々な国の人と知り合うという面でもとても楽しいと思います。もっと色々習う(そして忘れる)ぞー!!

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

-そうだ、カンボジア行こう

この記事をシェアする!