そうだ、カンボジア行こう

旅のアイテム:KEENのサンダル「UNEEK」

この度、カンボジア行きに便乗して新しい履物を調達しました。2本のコードで編み上げられた現代のわらじ、KEEN(キーン)のサンダル「UNEEK(ユニーク)」。色は薄いパープルグレーみたいな「Shark/SulphurSpring」。家からこれ履いて行きます。

IMG_9737

シェムリアップ、ただいまの最高気温32度。リゾートならともかく、今回は崩れ倒した古い遺跡をテクテク歩く訳なので蒸れるスニーカーは履きたくない・・・けど足の疲れる普通のぺたんこサンダルはダメだ。ということで、その間を行く靴が欲しくて探してググって検討しまくってUNEEKに着地したのでした。

旅人のサンダル選び

旅行って一口に言っても色々なタイプと嗜好があるわけで、「絶対にこれ!おすすめ!」という一品がある訳ない。それでもどうやら旅人に人気のサンダルって幾つかに絞られてくる模様。

がっつりアウトドア派のNewport

長期バックパッカーに圧倒的に支持されているKEEN「Newport H2」。がっちりソール、つま先保護もバッチリ、ハードユースにも耐える頑丈さ。ちょっぴり重いけど荷物を減らしたいパッカーにはこれ一足で事足りるのでピッタリ。東南アジア放浪派とか、旅先で登山やハイクするアクティブ派には良いだろう。あとフジロック行ったり普段よく川っぺりや沢でガチキャンプする人々もこっちだね。

(わたしの場合)あまりにガチすぎるので今回はパス。アウトドア系おしゃれをする人は普段履きすると思うのですけど、わたしもうちょっとモードな靴の方が好きなので丸っこいつま先がいまいち上がらない→確実に普段履かない、ので本格的な旅人になるまでお預けにします。履き心地は安心感絶大で良かった!

もっとサンダル寄りのテバチャコ

おしゃれなビーサン。ひとりっぷさんなんかもこちらご愛用ですね。近年この手のサンダルがやたら流行っているので若者がよく履いているよね。そして流行っていると俄然履きたくなくなるという。

(わたしの場合)チャコは重いらしいのでパス。ちょっとサンダルサンダルし過ぎているので、よくコケる私にはもうちょっと安定した靴っぽさが欲しい。旅の嗜好によってはアリだと思うけど!

UNEEKにしたわけ

もったいないので街履きもしたいから。結局この独特のデザインを受け入れられるか、に尽きますが、わたしは発売当初からこの変わった感じが気になっていたので(白と黒はおしゃれ履きとして昔そこそこ流行りました)この機会に買えてとても嬉しい。ひとまずカンボジアでこんな半街履きが使えるのか、実験です。

  • ソールはそれなりに厚くて疲れにくそう
  • 安定感あるけど紐だからスースー
  • いかついアウトドアギア感が薄い
  • 帰ったらおしゃれ履きもできるデザイン
  • 靴下履いたらモカシン風に見えるのでドレスコードにも引っかからないのではないか(パリのトラウマ)

サイズについて

サンダルってサイズ選びがとても重要です。特に旅サンダルは「靴下を履いても使う」という場面を想定する必要があるわけよねー。今回、普段24.5cmのところレディース25cmを購入。コードで調整すれば靴下履いても履かなくてもこれでOK。

わたしのように服も靴も普段男女の境目を彷徨っているデカい人はメンズ同サイズを買うこともあると思うのですが、レディースとメンズの25cm、両方履いたけど全然幅が違うから要注意。レディースの方が狭くてよく合いました。

UNEEK最新モデルはスニーカー

ちなみに昨年、UNEEKの新シリーズ「UNEEK O2」というかかとの付いたスニーカータイプも出ているよ。「UNEEK」より25%も軽量化され、当然靴タイプなので安定感はアップ、つま先は紐編みで抜けたままで蒸れずに快適、なのですが実際履いてみるとかなり軽くて柔らかいのが普段スニーカー派のわたしには逆に心もとない印象。あとベロがネオプレンみたいな素材なので案外そこが蒸れそう。デザインはホワイトソールが可愛くて街履きなら全然アリなのだけど、今回はビーサン以上スニーカー未満を探していたのでパスしました。

KEEN原宿直営店で買いました

まあ夏の靴って冬に売ってないのよね。KEENの試着を求めて、通りすがりのオッシュマンズやムラサキスポーツをウロウロ探したけど無かった。そりゃそうだ、今スノーブーツのセールをやっているところだもの。

KEEN Garage Harajukuの店長さんは元バックパッカーで、Newportサンダルに惚れ込んでKEENにお勤めだそう。旅用サンダルを探している身分なので話が早いし面白い。今の時期は暑いところに行く旅人たちが同様にKEEN直営店にやってきて買い求めるそうで、それを見越して店長がこんな夏靴を仕入れてるそうですよ、やるな。靴はやっぱりガッツリ履き心地を試して買うのが一番やね。試着もしてないのにアマゾンヤフオクメルカリでフライングして買わなくてよかったー!

 icon-arrow-circle-right KEEN Garage Harajuku(Facebook)

鵜呑みはダメだが役に立つ

今回とても悩んで、あらゆる旅人の履物レビューを指から血が出そうなほどググりまくって参考にしたので、わたしもちょっと長めに書きました。いつか、旅サンダルを探している人の検索に引っかかって少しでも参考になればよいのだけど。

でも、結局「すごく歩くのか」「携帯性が必要か」「どれだけの期間行くか」「どんな事をするのか」などは人それぞれなので、よーく自分の傾向を思い返して、今後どんな旅をするのかに思いを馳せるのが一番大事ですね。

以上。

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

-そうだ、カンボジア行こう

この記事をシェアする!