京都生活

大極殿本舗六角店 栖園の琥珀流し(11月)

ご無沙汰しています、今月の琥珀流しです。勝手に1年食べ比べチャレンジ、5ヶ月目の10月分を東京出稼ぎのバタバタですっかり失念しており食べそびれるという失態をおかしてしまいました。たしか結構食べたかった栗とあずきの琥珀流しだったはず・・・シクシク。ハッと気がついたときの絶望感がすごかったです。来年10月に誰かリマインドお願いします。

11月は「柿」の琥珀流し

さて、今月は色鮮やかな柿ですよ。腹ペコだったので初のぜんざいセットでいただきました。やっぱり老舗のお菓子屋さんの炊く小豆は粒が大きくてほこほこだねえ、自分じゃ無理だわ。

IMG_7455
 icon-camera 幸せなセット

柿、いい。とてもいい。トッピングはシャクシャクの柿の実で、下はとろとろの柿シロップ。寒天のふるふるの儚さと、果物の優しい甘さが、なんだかコンビネーションとしてはとても合っている気がします。柿のデザートってあんまり食べないけどこういうシロップ作っておいたらいいかもなあ。

IMG_7461
 icon-camera 甘みの淡さが良い!

IMG_7456
 icon-camera ほくほくの炊き具合

おぜんざい二種類が新登場

秋冬はメニューに、特別なあつらえのぜんざいが入ってくるんですね。ああ、もう正月まですぐそこじゃん感。「おたのしみ三種」のお餅もいいけど、これでもかというほど豆が入った「相生ぜんざい」が美味しそうだなあ。寒い日にあつあつの食べたい。

IMG_7451
 icon-camera メニューがすっかり冬模様

IMG_7472
 icon-camera お多福ぜんざい&相生ぜんざい

そして今月の暖簾は葡萄?木の実?でした。上の小さいピラピラもオレンジ色になって、紅葉の季節に華やかな色づかい。今年はあまり秋を感じないうちに、あっという間に冬になってしまったけど京都の紅葉はいまピークですね。

IMG_7476

来月12月は黒豆の琥珀流し。だいぶ好きな予感がする。またバタバタして食べそびれませんように・・・!

大極殿本舗 六角店(栖園)

京都府京都市中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120
[和菓子販売]9:00~19:00
[甘味処]10:00~17:00
日曜営業

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

-京都生活

この記事をシェアする!