そうだ、ベトナム行こう

一人旅だよホーチミン~麺ロード編

(番外編「そうだ、ベトナム行こう」をお送りしています)

そもそも、行き先をあっさりベトナムに決めたのは「フォーが食べたい」からだったといっても過言ではない。やっぱり食べたいものが無いとその国に行く気はしないんだな。インドのビンディマサラや、香港の海老腸粉のように。しかも私は隙あらばティーヌンでビーフンをすするほどの米麺好き。

到着した夜は、ベンタイン市場のナイトマーケットに繰り出して一軒の屋台へ。有名観光地のベンタイン市場は思ったより面白くなかった。もっと食堂屋台がひしめきあっていると思ったのですがチョイス薄。

これが噂の有料おしぼりか(2000VND)・・・!
と警戒しながら100均で買ったおしぼりで手を拭く。

004.jpg

食べたのは「ブン・ボー・フエ」。
ベトナム中部都市フエの名物麺。辛くて酸っぱい牛肉入りの丸麺。

001.jpg

草がいっぱいついてるんだな!
そして麺が確かに円筒形の丸型でツルツル。

002.jpg

003.jpg

さして辛くはなかったものの、美味しかった。何より葉っぱたちが効いてて美味しいのです。すこしだけ汁に沈めて湯通しする程度で食べるムワッとした大量の香草が。

そして別の日。

ぼったくりタクシーに乗って、正真正銘の「フォー」を食べに。(相場もわからないうちに初めて乗ったタクがチェーンに似せたロゴの嘘タクで、3倍のスピードでメーターが上がっていたのに後で気がついた)市内北のパスター通りにある老舗『Pho Hoa(フォーホア)』。

005.jpg

結構普通の店でいかにも昔からあります、というかんじ。
入り口脇のちっこいキッチンで次々にフォーが茹で上がる。

006.jpg

011.jpg

またこのトラップタイムか・・・!
手前から、有料・有料・無料(と心で唱える)

007.jpg

こっちは無料。(テーブルをひと通り目視確認)

008.jpg

頼んだのは半生牛肉のフォー「フォー・ボー・タイ」。
フォーも色々あるけど結構これが定番らしい。

009.jpg

あら!ホントに半生。危なげ!
つうても、熱いからすぐに半生でもなんでもなくなるので心配などまるで無用なのであった。

010.jpg

ジャブジャブとライムを絞り、唐辛子を足して、山のように積み上がった草を無造作にちぎっては入れ、皿いっぱいに出された茹でもやしを沈めて黙々と食べる。うまい。食べ終わる頃にはスコールが訪れ、土砂降りの外を眺めながら、何言ってるか全然わからないテレビの音をバックに冷えた333を飲むこの幸せよ。

ふと、思った。
おや?結局、フォーっていうかこの草がうまいんじゃないか?

そして3食目。
ベトナム北部のご当地麺「ミエン=春雨」を食べに市内中心部の『クアン・コム・チー』へ。大通りから少し入っただけのナイス立地。夏の夜風に吹かれながらプラスチック椅子に座って外で食べるのは、とても楽しい。

012.jpg

013.jpg

またも山盛りの草と共に出てきた鶏肉の春雨麺。なんていうか、ペロリとあっという間。北部のハノイ辺りに行ったらもっと食べられるのかな。

014.jpg

ベトナムで麺を食べてて思ったこと。

付いてくる草を食べてるのか麺を食べてるのか途中でわからなくなるくらい山盛りに香草が出てくるのですが、これが全然日本と違う。主にノコギリコリアンダーとオリエンタルバジル(タイバジル)、レタス、たまに大葉。どくだみやミントなどなど出てくる店もあるそうですが私は見かけなかった。これと大量の生搾りライム!これらの風味がフォーを一段と美味しくしているわけで、スープや麺などはその気になったら東京などでも食べられるわけで、もどかしい気持ちがする。あと、いわゆるパクチーは全然出てこないんだな。

あのコリアンダーとバジルが食べたくて種を探しましたがバジルの方はなかなか入手が難しい模様。ノコギリの方だけでも育ててみるかなー。牛骨でダシとってライム奮発して生唐辛子入れたりしたら再現度は高いと思うんだがな・・・ぶつぶつぶつ

つづく。

 にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
誰か草を!輸入して!

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

-そうだ、ベトナム行こう

この記事をシェアする!