日本旅めぐり

大阪「森乃お菓子」におはぎを買いに行く

さて「北新地サンド」でタマゴカツサンドが揚がるのを待つ間に向かうのは、ここから数分の「森乃お菓子」。豊中「森のおはぎ」の姉妹店が北新地のど真ん中にある、ということでこれはハシゴするしかない。

IMG_4129 icon-camera これまた見逃し必須の雑居ビル

IMG_4128 icon-camera 素敵なカウンター販売

IMG_4125 icon-camera おはぎセット2種

豊中から毎日運ばれるおはぎセットは季節ごとに色々変わるそうで、小さい手毬おはぎがちまーっと4個。ちょっとづつ色々食べたい乙女ごころにフィットしたラインナップ。売り切れ必須なので夕方に「まだありますか」って電話したの。大変ご丁寧に応対くださって、「初めてなので定番ぽい方のおはぎセットください」と言ったらこちらをご用意しててくださいました。

IMG_4149 icon-camera 夏のラインナップ

IMG_4151 icon-camera やはり割って調査する人

繊細な味だなあ。抹茶やきな粉の香りが良い。結構餅米は殺してあるほうかな?(物騒な言い方)いわゆる半殺しも、ほとんど殺してないおはぎも好きだけど、森のおはぎの場合はこれぐらいの方がまとまりが良いね。大納言ベストだろ、と思ってたけど香ばしいジャパンなバラエティはどれも甲乙つけがたし。

おはぎの他にもわらび餅やかりんとう、ナッツとドライフルーツを飴がけした木の実おこしや最中などのお菓子があるよ。

IMG_4126 icon-camera 日持ちするのはこっち

IMG_4178 icon-camera あんずとくるみの最中(1150円)

IMG_4174 icon-camera 木の実のおこし(980円)

最中はあんこよりあんずの甘酸っぱさが主役。おこしは飴がけがそんなにヘビーじゃないのでナッツの香ばしさが際立っててもうお茶請けに最高。最中は到着した18時頃には売り切れていたので、やっぱりこっちも予約しておくのがいいみたい。

IMG_4133 icon-camera 袋はなんと鹿児島さん柄ですよ

ということで、大阪駅からも徒歩圏内の北新地を通りがかるならハシゴしておきたい北新地のお店でしたー。飲まずに新地を歩き回るなんてナンセンス極まりないけどね・・・。

森乃お菓子

曽根崎新地1-1-43第2大川ビル1F
御堂筋から新地本通りを10mほど西へ
営業時間:16:30~売り切れ
定休日:日・祝
電話:06-6341-2320

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

-日本旅めぐり

この記事をシェアする!